06-067777-1235 お問い合わせ
0120-6571-4388

受付時間:8:30~21:00《年中無休》

お見積もり・お問い合わせ
片付けプロ > コラム > お風呂を徹底的に綺麗にするシリーズ③

お風呂を徹底的に綺麗にするシリーズ③

2018.11.10 コラム

こんばんは!本日は平野区をまわらせていただいています。不用品回収・遺品整理・ゴミ屋敷対応の片付けプロです。

本日も昨日に引き続きお風呂場を徹底的に綺麗にするシリーズコラムです,

今日は最もお金をかけない方法を紹介します。

①それはお湯を使う
NHKの某番組でも紹介されたように、熱湯でカビ菌を殺したり繁殖させないようにする方法があります。それが「週に1回、50度のお湯を90秒間カビが生えた部分にかける」というものです。これでカビのタンパク質が変性し死んでしまうそうです。
お風呂から出るときに冷水シャワーをかける
元々カビは約5度〜45度で発生し、20度〜30度で繁殖します。ですのでお風呂を上がる際には冷水シャワーで浴室の温度を下げることがカビを繁殖させない一つに方法としてあります。
ただ、お風呂をあがる頃の浴室はもうすでに暑いので50度のお湯を90秒方が経済的と言えるかもしれません!

②さらにカビキラーは乾いている状態で使う!
本品の説明通りに使ってもなかなか上手く使いこなせないカビキラー。このカビキラーを効果的に使うにはまず普通の石鹸や洗剤で表面的なカビを落としてから「乾いた状態」の部分に噴きかけます。その上に乾燥しないようラップをかけるとさらに効果的です。
キッチンハイターは使えるの?
「塩素系漂白剤」であるキッチンハイターは床やタイルのカビを落とすことができます。きれいなスプレーボトルに少し薄めたキッチンハイターを入れてカビの生えた部分にスプレーし10分〜待ち、カビが落ちたら水で流します。
塩素系漂白剤はタンパク質を分解する(皮膚を溶かす)ので使用する時にはマスク、ゴム手袋(あればゴーグルも)を着用してください。
クエン酸
クエン酸(柑橘類、お酢等)はカビの繁殖を抑えてくれます。ブラシなどでカビを擦り落とした後に使うなど、身体への負担がない安心して使えるカビ抑制アイテムです。
重曹
重曹(炭酸水素ナトリウム)も安心して使えるカビ掃除アイテムです。重曹は研磨剤効果、使用時に発生する炭酸がカビを落ちやすくしてくれます。
お酢
お酢はご家庭で必ず見つかるクエン酸です。薄めたりせずに、重曹と混ぜてブラシでカビが生えた部分を擦るか、キッチンペーパーを使ってパックをすると効果的にカビを落とすことができます。
酸素系漂白剤
酸素系漂白剤もお酢と重曹のようにしてカビ取りペーストを作ることができます。酵素系漂白剤、重曹、お湯を1:1:0.5の割合で混ぜてカビが生えた部分に塗り、パックをしカビを落としましょう。

3日間にわたってコラムを書いてきました。是非、実践してみてください!

以上、本日にてお風呂場を綺麗にするコラムシリーズ完結です。

コラム一覧へ