お見積もり
0120-6571-4388

受付時間:8:30~21:00《年中無休》

お見積もり・お問い合わせ
片付けプロ > コラム > じつは粗大ゴミ?観葉植物の捨て方

じつは粗大ゴミ?観葉植物の捨て方

2018.12.3 コラム

こんにちは!大阪府堺市で粗大ゴミ、不用品回収作業しています、片付けプロです。

今回は、『枯れた観葉植物の処分と捨て方の3つのやり方をご紹介!』していきたいと思います。

  • 1.植物の樹木部分植物の樹木部分と植木鉢をしっかりと分ければ、燃えるゴミとして処理をすることが出来ます。
  • しっかりと土を落としてもらった上で処分してください。
  • 2.土
  • 再利用出来ないか探したいところですが、不法投棄に繋がらないように、マンション等の管理人や自治体にしっかりと確認した上で土を花壇等に投げ入れる方法が、一番手っ取り早いです。くれぐれも燃えないゴミとして土を出さないように注意してください。自治体によっては、少量であれば消極的に回収をしてくれるところが多いですが、少なくともこのゴミは土ですー!と堂々とされたやつは手元に戻ってくる可能性が大きいです。なぜなら、土は粗大ゴミに当たるからです。
  • 粗大ゴミというのは最終不燃物処理場行きとなります。
  • 最終不燃物処理場とは埋立地のことを指します。そして、土を処分するのに何が困るのかって、純粋な土だけではないところにあるのです。
    それは、木の幹が細かくされたものや発泡スチロールがすごく細かくされたものと混じっている点です。
    自分で仕分けして取り除こうと思うと、すごく根気が必要で時間がかかりかなり手間です。
    上述したように業者に依頼するのも一つの手です。
    お住いの自治体によっては無料で回収してくれる場合もありますので、一度確認してみると良いでしょう。
  • 3.植木鉢
  • これは燃えないゴミで処分してください。
  • 規定サイズよりも大きいと粗大ゴミ扱いになります。なのでその際は細かく砕いて不燃ゴミとして出せば問題ないです。

粗大ゴミ、不用品回収の片付けプロでは即日対応即日作業も可能です!

もちろん不用品回収の片付けプロは見積もりも無料で対応させていただきます。

片付けプロは一点から大量の処分物のある家財一式、遺品整理、家具移動、ハウスクリーニング、ゴミ屋敷対応、不用品回収作業をさせていただいております!

不用品回収の片付けプロのエリアは関西一円(大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山)対応しております。

まずは粗大ゴミ、遺品整理、不用品回収の片付けプロにお気軽にお問い合わせください^_^

コラム一覧へ