06-067777-1235 お問い合わせ
0120-6571-4388

受付時間:8:30~21:00《年中無休》

お見積もり・お問い合わせ
片付けプロ > コラム > 粗大ゴミ・ソファーの捨て方

粗大ゴミ・ソファーの捨て方

2018.12.5 コラム

こんにちは!大阪府豊中市で粗大ゴミ、不用品回収作業しています、片付けプロです。

今回は、『ソファーの処分のしかた』していきたいと思います。

①自治体に依頼する

ソファの処分の仕方として、一番ベーシックなのは自治体に引き取ってもらうことだと思います。

一般的に粗大ごみの引き取りは有料になっている自治体がほとんどです。

また、粗大ごみの回収日や回収場所が決まっています。

このルールは住んでいる自治体によって異なるので、市役所などに電話をして方法を確認するといいでしょう。

回収日まで待てない方や回収場所まで持っていくのが面倒だという方には、あまりおすすめはできない方法です。

②不用品回収業者に依頼する

次に、不用品回収業者に引き取ってもらう方法です。

自治体に引き取ってもらう場合、回収日が決められていたり、回収場所まで自分で運ばなければいけないというデメリットがありますが、回収業者は相談すればこちらの都合に合わせてくれるところがほとんどです。

自治体の回収日は平日に設定されている場合がほとんどですので、仕事があって平日にソファを運ぶことができないという場合は料金は高くなってしまいますが、こちらを利用するといいでしょう。

しかし、業者によって回収にかかる金額が変わってきます。

後から「足元を見られたのではないか」と不安にならないためにも、いくつかの業者に見積もりを依頼して比較をするといいでしょう。

さらに、インターネット上には不用品回収業者を口コミで比較できるサイトもあるので、そちらを利用してみるのもいいかもしれません

③リサイクルショップに売る

最後に、リサイクルショップに売ってしまうという方法があります。

これまでは、処分にお金を払っていましたが、こちらはお金を払って貰ってソファを売ってしまうという方法です。

まだきれいなソファだという場合はこの方法が有効です。

特に出張買取をしてくれる場合、ソファを運ぶ手間が省けます。

ただし、査定に来てもらうときに料金が発生してしまう場合もありますので、最初に確認をしっかりしておきましょう。

粗大ゴミ、不用品回収の片付けプロでは即日対応即日作業も可能です!

もちろん不用品回収の片付けプロは見積もりも無料で対応させていただきます。

片付けプロは一点から大量の処分物のある家財一式、遺品整理、家具移動、ハウスクリーニング、ゴミ屋敷対応、不用品回収作業をさせていただいております!

不用品回収の片付けプロのエリアは関西一円(大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山)対応しております。

まずは粗大ゴミ、遺品整理、不用品回収の片付けプロにお気軽にお問い合わせください^_^

コラム一覧へ