お見積もり
0120-6571-4388

受付時間:8:30~21:00《年中無休》

お見積もり・お問い合わせ
片付けプロ > コラム > 正しい蛍光灯の処分方法!

正しい蛍光灯の処分方法!

2019.2.10 コラム

こんにちは!大阪市此花区で粗大ゴミ処分、不用品回収しています、片付けプロです。
不用品となった蛍光灯の処分方法について!

誤った蛍光灯の処分をしてはいけません。
その理由は蛍光灯を誤って割ってしまったり、普通のゴミとして処分することは法律で禁止されています。
なぜなら、蛍光灯の中には水銀が含まれています。水銀は人体に悪影響を及ばします。
水銀は大きく分けて2つの水銀が存在します。
無機水銀と、有機水銀です。
蛍光灯の水銀は無機水銀にあたります。
☆無機水銀が人体に与える影響。
腎臓、または消化管などに悪影響が及びます。その他にも腹痛や嘔吐、お腹を下し、腎機能障害による気分不快感、身体のだるさなど。
上記の理由で法律では厳しく処分を取り締まっております。
特に割ってしまったら注意しましょう。
空中に散ってしまった破片は水銀が含まれておりますので、マスクをしてから処分しましょう。
小さい子供や、ペットを飼っている方は、床に掃除機をかけて後は、ガムテープ、コロコロなどで破片をとりましょう。

☆不用品になった蛍光灯の処分方法
自治体により、処分方法は様々ですのでご注意下さい。
基本的には燃えないゴミとして処分できます。
燃えないゴミとして不用品を処分しない場合は、専用袋に入れる。ダンボールなどにいれる。などして自治体の不用品回収にお任せしましょう。

まずは自治体に問い合わせを!
蛍光灯の処分方法以外は以下からどうぞ。
https://tws-katazukepro.com/column/894

片付けプロでは即日対応即日作業も可能です!
もちろん見積もりも無料で対応させていただきます。
一点から大量の処分物のある家財一式、遺品整理、家具移動、ハウスクリーニング、ゴミ屋敷対応、不用品回収作業をさせていただいております!
エリアは関西一円(大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山)対応しております。
まずはお気軽にお問い合わせください^_^

コラム一覧へ